もう悩まない!ウイルス性のいぼに関する正しい知識と対策クリームおすすめ

いぼには年齢により生じるいぼだけでなく、ウイルス性のいぼもあり、それぞれ対処法が異なります。当サイトでは、ウイルス性のいぼが出来てしまった時に知っておきたい事や、おすすめの対策クリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

ウイルス性のいぼは医師に早めに相談しよう

早く治したいなら医師に相談しましょう

ウイルス性のいぼは医師に早めに相談しよういぼで悩んでおられる方は大変多く、半数以上の方は何らかの疾患を抱えているという医師もいます。それほどメジャーないぼですが、命に直接影響を与えるものではないため、放っておかれる方も多いと思います。

しかしそのいぼが目立つほど増えてきたり、大きくなってきたりすると、さすがに切除したいと思うのではないでしょうか?そして治すことを考えるとすれば、早めに処置を済ませてしまいたいのではないでしょうか。

そのため、早めの改善を考えると医師に相談するのが手っ取り早いといえます。やはり医師はその道のプロであり、自分では対処できないいぼでも、しっかり治療を行うことができます。機械も充実してきているため、病院治療が早めの改善に繋がる可能性は高いでしょう。

どんな治療法があるの?

病院治療ではレーザー治療があります。文字通り、レーザーをいぼに当てて除去するものです。数分程度で治療は終わり、手術の跡も残りにくいといわれています。

さらに電気焼灼法というものもあります。これは手術で用いられる電気メスを用いた切除方法です。いぼを取り除く際の痛みは、麻酔によって感覚を麻痺させて行うため、それほど気にしなくてよいでしょう。局部麻酔で行われるので、自分も確認しながら治療を受けられます。

さらに液体窒素治療法があります。これは簡単に言うとウイルスを凍らせてしまう方法です。凍らせてしまうことでウイルスは死滅してしまうので、その後除去していきます。

耐えられないほどではありませんが、治療した箇所に痛みが生じることがあります。また色素沈着が見られることもあるので、その後のケアが重要になります。

費用はどれくらい?

医師に相談しながら治療を進めていく方法は、何度か通院して行う療法になるので、時間がかかります。診察していただくたびに診察料がかかります。お薬が出されれば、費用もかかることになります。

保険が適用されるかされないかで、治療費は変わってきます。保険適用外の場合、いぼ一つにつき5000円から1万円ほどの費用がかかるとみておくと良いでしょう。

もちろん、病院ごとに料金設定は異なります。いぼの面積によって治療費を設定している病院もあるようです。事前に確認してから病院を決めるとよいでしょう。さらに治療法によっても費用が変わってくるので、どの方法で除去するのかも、費用の面では重要になってくるでしょう。

費用がかかったり、時間がかかったりするという面はあります。プロに診てもらえることを考えると、確実な治療法でいぼを除去できることもあって、早めに相談する事で早期解決が可能であることはメリットと言えるでしょう。


  • TOP