もう悩まない!ウイルス性のいぼに関する正しい知識と対策クリームおすすめ

いぼには年齢により生じるいぼだけでなく、ウイルス性のいぼもあり、それぞれ対処法が異なります。当サイトでは、ウイルス性のいぼが出来てしまった時に知っておきたい事や、おすすめの対策クリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

いぼができないようにする生活習慣

環境を改善してイボができないようにする

いぼができないようにする生活習慣イボができる原因の一つに、傷口からのウイルスの侵入があります。そのため、普段から傷がつきづらい環境を作ることは大切です。もちろん怪我しやすい現場仕事や工場で働いている方などは、簡単に環境を変えることはできません。

そのため傷はしょうがないとしても、すぐに手洗いや消毒を心がける習慣が大切になってくるでしょう。またウイルス性イボは感染症なので、普段の生活で他の人に触れることの多い方は、感染の危険性は高まります。医療上の仕事に従事しておられる方はそうではないでしょうか。

それで、他の人に触れた後の対処が重要になります。消毒がこまめに行いましょう。イボ対策として有効なのは免疫力を高めておくことです。免疫が高ければ感染性のイボと体が戦うことができます。生活のリズムを崩さず、しっかりとバランスの取れた食事をすることで、免疫力は高められるでしょう。

規則正しい生活習慣を意識しましょう。また一度イボを取り除いたとしても、イボが残っていれば再発することも考えられます。そのため皮膚科にきちんと通う習慣も大切です。完全に除去できるまではあきらめずに皮膚科へ行きましょう。

保湿を心がける

イボができる要素は傷口への侵入なので、大切なのは表面の保湿です。したがって、普段の生活で肌を乾燥させないようにしましょう。ウイルスが侵入してくる経路を作らない為にも、保湿を心がけて傷口を放っておかないことです。

また皮膚が乾燥してしまうと、肌の外敵からのバリアが弱くなってしまいます。保湿に優れたクリームを塗る習慣を身につけると良いでしょう。毎日のお風呂上りに保湿クリームを塗るだけでずいぶん違うものです。

とくに保湿クリームは、美肌効果も意識して開発されているため、保湿と共に肌の潤いも良くなっていきます。イボ対策だけでなく、肌の艶にも良いので、ぜひ習慣にしたいものです。

紫外線対策を心がける

紫外線は太陽から降り注ぐ物質ですが、体に浴びすぎてしまうとシミやシワの原因になるともいわれています。もちろん肌に現れるイボにも影響しています。全く紫外線を浴びないのが良いわけですが、生活していてそれはできません。

そのため、紫外線対策を常に心がけるとよいでしょう。コンビニに行っても紫外線対策のクリームは売っているので、常日頃から紫外線ガードのクリームを持ち歩いて塗ると良いでしょう。また夏でもストールを巻くなどして肌が太陽の光に直接当たらないように心がけるのも良い方法です。


  • TOP