もう悩まない!ウイルス性のいぼに関する正しい知識と対策クリームおすすめ

いぼには年齢により生じるいぼだけでなく、ウイルス性のいぼもあり、それぞれ対処法が異なります。当サイトでは、ウイルス性のいぼが出来てしまった時に知っておきたい事や、おすすめの対策クリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

イボ対策クリームはそのまま顔に使える?

顔のイボはどのようなものか

イボ対策クリームはそのまま顔に使える?顔にできるイボのほとんどは、非ウイルス性の老人性疣贅であることが多いです。このイボは高齢者に多いイボで、黒っぽいのが特徴です。それで顔に出来てしまうと目立ってしまうのが難点でしょう。放っておくとどんどん大きくなったり沢山増えてしまうこともあります。

そのため、早めの治療が必要になります。加齢からくるものや遺伝的な要素、また疲れなどによるストレスなど、様々な要素が考えられています。レーザー治療といった方法で、皮膚科で治してもらうこともできます。

また顔にできるイボには、ウイルス性にのものもまれにあります。もし発生してしまうと自力で治すのは難しくなります。自分で治療したために、逆に悪化する可能性もあるので、しっかりと皮膚科で見てもらうのが良いでしょう。

そしてなるべく早めに治療を開始して、ウイルスが広がらないうちに対処するのが最善です。

紫外線対策と洗顔が重要

紫外線はイボの形成の原因の一つとされています。年齢を重ねるにしたがって代謝が落ち、メラニン色素もたまっていきます。乾燥した肌に紫外線が当たるとダメージを受けやすいともいわれています。そのため紫外線対策はかかせません。

常に保湿を心がけて紫外線をガードするように致しましょう。もちろん紫外線を全く受けないことはできないので、一日の終わりの顔のケアも欠かせません。さらに洗顔が重要になってきます。

乾燥肌を改善するためにも、保湿効果を高めるために洗顔をしっかり行って、素のお肌を表面に出してから、保湿クリームを塗ると良いでしょう。

イボ対策クリームも顔に使える

洗顔によって、一日の汚れをしっかり落としたのち、保湿クリームを塗ります。とくにヨクイニンと呼ばれる成分はイボを改善していくことが期待できる成分なので、このヨクイニンが配合されているクリームを塗ると良いでしょう。

首周りにできるイボに使える事になっていますが、顔にももちろん使えます。イボの部分にしっかり塗り込むようにして、保湿も行えるようになっています。しかし、一部首や顔に使えないクリームもあるので注意が必要です。

イボコロリという商品は効き目の強い商品です。そのため、とくに液体タイプのイボコロリは目の周りに使うと危険であると但し書きがされているので注意しましょう。

また市販のクリームでヨクイニンが配合されたクリームは少ないようです。通販やネットで探せるので、試してみると良いでしょう。


  • TOP