もう悩まない!ウイルス性のいぼに関する正しい知識と対策クリームおすすめ

いぼには年齢により生じるいぼだけでなく、ウイルス性のいぼもあり、それぞれ対処法が異なります。当サイトでは、ウイルス性のいぼが出来てしまった時に知っておきたい事や、おすすめの対策クリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

医療用クリーム使用中はお化粧品が首につかないようにしよう

医療用クリームとは

医療用クリーム使用中はお化粧品が首につかないようにしよう医療目的のイボ対策クリームは、厚生労働省が認可したものです。つまり病気として診断したイボを治療するのが、その目的となるわけです。そのため薬なので、効能性も高いものになります。

当然皮膚科の先生の判断によって、どの医療用クリームが自分のイボに適性なのか、判断してもらうことになります。そうした指示のもとに処方してもらうことになるので、イボの部位に塗る場合他の薬品やオイル、また化粧品といったものは併用しないほうがよいでしょう。

やはり本来の治療が目的なので、化粧品が付いてしまうと効能に影響がでることが考えられます。確実に治していくためにも、医療用クリーム使用中は、化粧品が付かないようにすると良いでしょう。とくに首周りに医療用クリームを用いる場合は、顔だけの化粧にとどめておくのが無難でしょう。

医薬部外品や美容オイルとの違い

医療用クリームが治療のための薬だとすると、他のイボ用クリームは症状の緩和や美容目的であることが殆どになります。そのためイボを除去するといった効果を目指すよりも、緩やかな改善を図るに過ぎないことを念頭に置いて、医薬部外品や美容オイルを用いるほうがよいでしょう。

とくに美容目的のクリームの場合は体、内のイボへの改善効果を高めるための対策になっていくので、短期間で治すのではなく長期戦で改善を図っていくことになります。この場合はお化粧品との併用も考えられます。

しかし医療用はそれとは違い、治すことに特化しているので、他の薬品やオイルは併用しないほうが無難です。できる限り、化粧品が付かないように、医療用クリームを用いて改善を図るようにしましょう。

治すことを意識して医療用クリームを使おう

イボ対策を講じられる方は、美に対する意識が高い証拠です。そのため、化粧品にはこだわりがある場合が多いでしょう。それはとても良いことです。しかしイボを治そうと試みているときには二兎追うことはせず、イボ治療に集中しましょう。

医療用クリームを使用しているときはなおさらです。できるだけ化粧品がかぶらないようにしましょう。できれば早く治したいと考えて皮膚科に行ったはずなので、治療に専念したいものです。

首周りの医療用クリームは、薄い角質に働きかけるものなので、繊細ともいえます。それでしっかりとした使い方をしないと、かえって悪化させてしまうことも懸念されます。使用方法を間違えることなく対策を講じることによって、最善の結果を期待するようにしましょう。


  • TOP