もう悩まない!ウイルス性のいぼに関する正しい知識と対策クリームおすすめ

いぼには年齢により生じるいぼだけでなく、ウイルス性のいぼもあり、それぞれ対処法が異なります。当サイトでは、ウイルス性のいぼが出来てしまった時に知っておきたい事や、おすすめの対策クリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

イボ用クリームを使うのに適したタイミングはいつ?

お風呂上りにクリームを使用する

イボ用クリームを使うのに適したタイミングはいつ?イボ対策にクリームを使う場合、まずは体を清潔に保たなければなりません。なぜなら、肌の表面部分にイボができるからです。汚れていたり、肌の質が悪かったりすると、どんなに良いクリームでも効果を発揮することはできないでしょう。

そのため、クリームを使う前に、身体を綺麗に保つのが先決になります。そのためには、毎日のお風呂上りにクリームを使うのが最も良い方法といえるでしょう。とくにお風呂上りは水分が奪われがちなので、すぐに保湿ケアが必要です。

その意味も込めて、イボ対策のクリームを使うのが良いといえます。イボ対策クリームには美肌効果も期待できる成分も含まれていることが多いので、一度に多くのお肌に良いことを行えるわけです。

そのため、お風呂の際には体の隅々まで、そしてイボが出来ているところはしっかり洗いたいところです。もちろんあまり洗いすぎると、皮脂を落としすぎてしまい、保湿が損なわれるので、ほどほどがよいでしょう。

寝る前のクリーム

寝る直前のクリームも効果を期待できます。寝ているときにはベッドの中なので、紫外線に触れることも無いし、強い摩擦によって肌にダメージを与えることもありません。そのため、クリームの効果を発揮す点で良い時間帯といえるでしょう。

寝ている間に保湿が行われ、体内の免疫力がイボと戦ってくれるわけです。そのため、できれば毎日寝る前に、しっかり塗ってあげるようにしましょう。寝る体勢で塗った部分がシーツに付くのが心配だったら、ガーゼなどを当ててみるのも良いでしょう。

いずれにせよ、寝ている間の保湿によってもイボ対策になるので試してみると良いでしょう。

洗顔後にも効果的

お肌を清潔にしていることがイボ対策には欠かせません。そして乾燥したお肌も良くないので、保湿の意味合いでクリームを塗るのは良いことです。そのため、洗顔した際にも顔にイボがあるとすれば、その部位へクリームを塗ると良いでしょう。

洗顔するときには、ソープをしっかり泡立てます。そして強くこすり過ぎないようにします。強く擦りすぎてしまうと顔の潤いも奪われてしまいます。十分潤いも残したまま、汚れだけを浮かせて落とすイメージで洗うと良いでしょう。

その後、クリームでお肌の保湿を保たせるわけです。保湿効果をこのように高めておくことで、中からイボに戦いを挑むのも良いし、それでイボを死滅させることもできるかもしれません。清潔感を常に保つことと、お肌の潤いを保つための保湿を、意識しておきましょう。


  • TOP