もう悩まない!ウイルス性のいぼに関する正しい知識と対策クリームおすすめ

いぼには年齢により生じるいぼだけでなく、ウイルス性のいぼもあり、それぞれ対処法が異なります。当サイトでは、ウイルス性のいぼが出来てしまった時に知っておきたい事や、おすすめの対策クリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

ウイルス性のいぼを減らせる身体の洗い方

洗いすぎに注意

ウイルス性のいぼを減らせる身体の洗い方ウイルス性のイボを増殖させてしまう要因に、お肌の乾燥や表面のバリアが弱くなっていることが考えられます。その原因となるのは、お風呂の時の体の洗い方です。ごしごし洗ってイボまで落としてしまおうとしていると、お肌の皮脂まで落とし切ってしまい、お肌はガサガサになってしまいます。

それではお肌は乾燥してしまい、イボの増殖を助けているようなものです。保湿によってウイルスの感染を防ぐことができることもあり、免疫力によってイボと戦うことができるため、お風呂の時の洗いすぎには注意が必要です。

また長時間お風呂に入るのも、お肌をガサガサにする要因になるので、気を付けるようにしましょう。毎日お風呂に入っていれば、それだけで清潔感は保たれるものです。石鹸の使用も大切ですが、お湯で体を洗い流すだけでも十分な時もあります。

例えば毎日お風呂に入るとすれば、一日おきの石鹸使用でも良いくらいです。洗いすぎに、いつも注意するようにしましょう。

低刺激の石鹸を用いる

刺激に反応してくるのがウイルス性のイボです。お肌が刺激されてウイルスの抗体が弱まってしまうと、増殖させてしまう可能性があります。そのため、なるべく刺激の少ない石鹸を選びましょう。

赤ちゃんや幼児にも使用できるような石鹸が販売されており、ドラッグストアなどで手軽に買えるので、そうした低刺激の石鹸やボディソープを使用してみるのも良い方法です。

そして低刺激の石鹸をよく泡立てて、優しく包み込むように体を洗ってあげることで、お肌への負担もかけること無く、洗い上げることが出来るでしょう。その方法によってお肌バリアを保つことができますしウイルス性のイボを減らせる洗い方ともいえます。

とくに敏感肌の方は刺激に敏感なので、ウイルスの入り込みやすい身体であるともいえます。十分に体をいたわって洗うことを意識いたしましょう。

保湿を意識する

身体は一日過ごすと汚れるので、毎日のケアは欠かせません。そのため、お風呂に入って汚れを落とすわけですが、なるべく保湿も意識しておきましょう。どうしてもお風呂は長風呂になってしまう、という方も多いはずです。

念入りに洗うという方もいらっしゃるでしょう。しかし、それが肌のがさつきを作る原因にもなっているのです。水分が奪われてしまっては元も子もありません。それで体を洗うときにも洗いすぎに注意し、優しく洗い汚れをさっと落とすことを意識して、常に保湿を高めるためにできることを行いましょう。

そうすればウイルス性イボを減らしていくことに役立つでしょう。


  • TOP