もう悩まない!ウイルス性のいぼに関する正しい知識と対策クリームおすすめ

いぼには年齢により生じるいぼだけでなく、ウイルス性のいぼもあり、それぞれ対処法が異なります。当サイトでは、ウイルス性のいぼが出来てしまった時に知っておきたい事や、おすすめの対策クリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

ウイルス性のいぼはどんな皮膚にできる?

ウイルス性のいぼができたら、それは皮膚に何らかの問題があったのかもしれません。

なぜなら、皮膚に問題があるとウイルスに感染し、いぼができてしまう可能性があるからです。

つまり、ウイルス性のいぼと皮膚の状態は密接に関係しているとも言えるでしょう。

ここではウイルス性のいぼと皮膚の関連性について説明しますので、ぜひチェックしてください。

ウイルス性のイボの種類

ウイルス性いぼにもいくつか種類がありますが、以下にまとめてみましたので、ご覧ください。

尋常性疣贅


尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)は、HPV(ヒト乳頭腫ウイルス)2/27/57に感染することでできるウイルス性のいぼです。

一般的に広く見られるウイルス性いぼの一種であり、外的刺激を受けやすい部位にできることが多いと言われています。

水いぼ


水いぼは、子供に発症することが多いウイルス性イボの一種です。

伝染性軟属腫ウイルスが原因とされており、かきむしったりなどするといぼの数がどんどん増えてしまう可能性がありますので、注意しなければなりません。

大人になるにつれて皮膚が厚くなるため、水いぼができる可能性はほとんどないと言われていますが、水いぼができないためにも日頃から皮膚を清潔に保つなど対策を打っておいたほうが良いでしょう。

青年性扁平疣贅


青年性扁平疣贅は、HPV(ヒト乳頭腫ウイルス)3/10/28に感染することでできるウイルス性のいぼです。

顔面や四肢など傷ができやすい部位に発症しやすいと言われています。

尋常性疣贅は明らかにいぼの見た目をしていますが、青年性扁平疣贅は一見するとシミのように見えるため、いぼとは気づかない人が多いようです。

足底疣贅


足底疣贅は、HPV(ヒト乳頭腫ウイルス)2/27/57に感染することでできるウイルス性いぼです。

足底は体重がかかる部位であり、ウイルス性のいぼの芯が皮膚奥深くまで入ってしまうことで治療が難しくなる、つまり難治性いぼになってしまう可能性があります。

ウイルス性いぼができやすい皮膚とは

ウイルス性いぼができやすい皮膚は、免疫力が落ちている皮膚です。

人間は日常生活の中でも皮膚に傷を負ってしまいますが、そこからウイルスに感染し、いぼができてしまいます。

皮膚に傷があったとしても、免疫力が高ければウイルス感染を防ぐことができますので、ウイルス性いぼを防止するためにも皮膚の免疫力を日ごろから高めておくことが大切です。

ネット通販などで購入できるヨクイニンエキス配合の医薬品には免疫力を高める作用が期待できるため、ウイルス性のいぼの予防のためにもぜひ試してみてください。

ウイルス性いぼの治療法は?

ウイルス性のいぼは、病院での治療をおすすめします。

病院の皮膚科ではさまざまな治療法が行われていますが、以下でウイルス性いぼの治療法をいくつか紹介しましょう。

液体窒素療法


病院の皮膚科で行われている最も有名なウイルス性イボの治療法が、液体窒素療法です。

液体窒素療法は凍結療法とも呼ばれます。

ウイルス性いぼはウイルス感染が原因なのですが、このウイルスを液体窒素によって凍結しさせ、いぼを除去します。

レーザー治療


レーザー治療は、炭酸ガスレーザーなどの熱エネルギーを用いてウイルスを撃退するいぼの治療法です。

レーザー治療は病院の皮膚科の他、取り入れているクリニックもあります。

残念ながら保険の適用外となりますが、治療期間が10~14日程度というのは忙しい方にとって大きなメリットと言えるかもしれません。

ヨクイニン


ヨクイニンは、ハト麦の皮をむいた種のことであり、種に含まれているヨクイニンエキスには消炎作用や免疫力向上作用があると言われています。

いぼの原因となるウイルスから身体を守るためには免疫力を高めることが大切ですので、いぼ予防の対策としても向いているかもしれません。

なお、軽度のウイルス性のいぼであればヨクイニンエキス薬の服用だけで治療できる場合があります。

スピール膏


スピール膏は、サリチル酸50%配合の治療薬です。

サリチル酸には角質軟化溶解作用があり、角質を柔らかくすることでウイルス性のいぼを芯から除去する治療法となります。

スピール膏はドラッグストアでも購入することが可能です。

ウイルス性いぼの治療法の詳細については、以下のページでご確認ください。

⇒「ウイルス性のいぼの治療法とは?」


  • TOP