もう悩まない!ウイルス性のいぼに関する正しい知識と対策クリームおすすめ

いぼには年齢により生じるいぼだけでなく、ウイルス性のいぼもあり、それぞれ対処法が異なります。当サイトでは、ウイルス性のいぼが出来てしまった時に知っておきたい事や、おすすめの対策クリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

ウイルス性のいぼ対策製品

ウイルス性のいぼができたら、病院の皮膚科で治療することをおすすめします。

なぜなら、ウイルスを完全に除去しなければいぼが再発してしまう可能性があるためです。

ですが、病院での治療法の他、一般的に民間療法とされる治療法もあります。

治療効果のほどは定かではありませんが、病院に行く時間がなかなか取れない方は試してみても良いかもしれません。

ただし、中にはリスクを伴う製品もありますので、ご注意ください。

ここでは、ウイルス性のいぼの病院での治療といぼ対策の製品をいくつか紹介します。

ウイルス性のいぼは病院で治療しよう

上記に記載しましたように、ウイルス性のいぼは病院で治療することをお勧めします。

では、病院ではどのような治療法が行われているのでしょうか?

病院が行っている最も一般的なウイルス性のいぼの治療法は、液体窒素療法です。

超低温(-196度)の液体窒素でウイルスを撃退し、いぼごと除去する治療法であり、治療効果は大変高いと言われています。

治療効果についてはレーザー療法も高いと言われていますが、レーザー療法は保険が適用されません。

一方、液体窒素療法は保険適用となりますので、より金銭的負担を抑えることができるでしょう。

なお、ウイルス性いぼの各治療法については、こちらのページで詳しく解説しています。

⇒「ウイルス性のいぼの治療法とは?」

ウイルス性のいぼの対策製品

軽度のウイルス性のいぼであれば、以下で紹介する製品で治療できる可能性があります。

スピール膏


スピール膏は、角質を溶解させる作用があるサリチル酸を配合しています。

スピール膏のことを50%サリチル酸絆創膏と呼ぶこともありますが、スピール膏をウイルス性のいぼに貼ることで皮膚を柔らかくし、いぼを除去する治療法です。

ただ、スピール膏だけで治療するのではなく、ヨクイニンエキス療法や液体窒素療法など他の治療法と併用することが多いとされています。

漢方


ウイルス性のいぼの治療薬として広く用いられているのは、ヨクイニンエキスです。

ヨクイニンエキスには免疫力を高める作用が期待できるため、それによってウイルスの死滅を狙います。

ただ、軽度のいぼであればヨクイニンエキスのみで改善する可能性がありますが、液体窒素療法など他の治療法と併用することが多いようです。

ウイルス性のいぼの対策?製品

ウイルス性のいぼに対する民間療法として知られるのが、木酢液です。

木酢液には殺菌作用があるとされており、その殺菌作用をもってウイルスを撃退すると言われています。

ただ、木酢液はウイルス性のいぼの治療薬ではありませんし、中には発がん性物質を含む木酢液があるようですので、使用はおすすめしません。


  • TOP