もう悩まない!ウイルス性のいぼに関する正しい知識と対策クリームおすすめ

いぼには年齢により生じるいぼだけでなく、ウイルス性のいぼもあり、それぞれ対処法が異なります。当サイトでは、ウイルス性のいぼが出来てしまった時に知っておきたい事や、おすすめの対策クリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

ウイルス性のいぼは感染する?

ウイルス性のいぼは、結論から先に述べると、感染します。

それゆえにウイルス性のいぼと呼ばれているわけですが、ウイルス性のいぼにはいくつか種類があり、それぞれで原因となるウイルスに違いがあるということも知っておくと良いかもしれません。

ここでは代表的なウイルス性のいぼである尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)、水いぼ、青年性扁平疣贅、尖圭コンジローマの感染源について説明しますので、ぜひチェックしてください。

ウイルス性のいぼの感染源

尋常性疣贅の感染源


尋常性疣贅の原因となるウイルスは、HPV(ヒト乳頭腫ウイルス)2/27/57です。

指など外的刺激を受けやすい部位にできるケースが多いことから、皮膚の微小な傷からウイルスに感染し、いぼが発生すると考えられています。

水いぼの感染源


水いぼの正式名称は伝染性軟属腫であり、ウイルス感染によって引き起こされると感がられています。

尋常性疣贅のように、一般的ないぼの形はしておらず、ポツポツとしたぶつぶつで、一度にたくさんの数ができるケースが多いようです。

皮膚が発達していない子供にできやすく、プールや温泉などで感染することもあります。

青年性扁平疣贅の感染源


青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)は、HPV(ヒト乳頭腫ウイルス)3/10/28が原因となってできるウイルス性のいぼです。

尋常性疣贅と同じく、皮膚の微細な傷からウイルスに感染し、いぼができると考えられています。

眉や口回りにできやすいことから、眉剃りや髭剃りなどした際に皮膚に傷がつき、ウイルスに感染するとされているようです。

なお、尋常性疣贅とは異なり、青年性扁平疣贅はシミのような形をしています。

尖圭コンジローマの感染源


尖圭コンジローマの原因となるウイルスは、HPV(ヒト乳頭腫ウイルス)6/11です。

尖圭コンジローマは性器や肛門部にできやすいことから、性交渉の際に皮膚に傷がつき、ウイルスに感染すると考えられています。

なお、尖圭コンジローマは病院の皮膚科の他、性病科や泌尿器科、婦人科でも治療してもらうことが可能です。

免疫力が低いと感染しやすい?

結論から先に述べると、免疫力が低いとウイルスに感染しやすいです。

免疫力が低下していると風邪などの病気にかかりやすいと言われていますが、それと同じと考えて良いでしょう。

つまり、いぼのウイルスに対する免疫力を普段から高めておくことが大切です。

ウイルス性イボの治療法と治療効果は?

ウイルス性のいぼは、病院での治療をおすすめします。

なぜなら、ウイルスをすべて除去しなければ、いぼが再発してしまうためです。

では、病院の皮膚科では主にどのような治療法が行われているのでしょうか?

以下で皮膚科で行われている主な治療法と、その治療効果について説明します。

液体窒素による治療法


液体窒素による治療法では、いぼに液体窒素を塗り、ウイルスごと除去します。

いくつかあるウイルス性のいぼの治療法の中でも治療効果は高いとされており、多くの皮膚科が液体窒素療法をメインの治療法として取り扱っているようです。

レーザーによる治療法


レーザーによる治療法では、炭酸ガスレーザーなどをいぼにあて、熱エネルギーでウイルスを除去します。

治療効果は高いと言われていますが、保険は適用されません。

その他にもヨクイニン治療などがありますが、各治療法の詳細についてはこちらで説明していますので、チェックしてください。

⇒「ウイルス性のいぼの治療法とは?」

ダクトテープを使った治療法は危険?

ダクトテープを使ってウイルス性のいぼを治療できると言う話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ダクトテープとは、粘着力が非常に強いテープであり、医療用具ではありません。

ですが、ダクトテープをいぼに貼ることでウイルスを窒息しさせることができると噂されていますが、あまり期待しないほうが良いでしょう。

ダクトテープを使用するのであれば、同じテープ系であるスピール膏の使用をお勧めします。


  • TOP