もう悩まない!ウイルス性のいぼに関する正しい知識と対策クリームおすすめ

いぼには年齢により生じるいぼだけでなく、ウイルス性のいぼもあり、それぞれ対処法が異なります。当サイトでは、ウイルス性のいぼが出来てしまった時に知っておきたい事や、おすすめの対策クリームについてわかりやすく解説していきます。

MENU

ウイルス性いぼの治療期間は?

ウイルス性のいぼの治療期間は、いぼの状態や個数、治療法によって異なります。

また、適切な治療をしなければウイルスを完全に取り除くことができず、いぼが再発してしまうこともあるでしょう。

ここではウイルス性のいぼの治療法別治療期間を記載しますので、ぜひチェックしてください。

ウイルス性のいぼの治療法別治療期間

液体窒素療法


液体窒素療法は、高い治療効果が期待できるウイルス性のいぼの治療法です。

治療期間は約3ヶ月程度で、その期間中は1週間から2週間に1度の頻度で病院に通院し、治療を受けることになります。

ヨクイニン療法


ヨクイニン療法は、ヨクイニンエキスを配合した薬を服用する治療法です。

治療期間にはばらつきがあり、3ヶ月程度で治った事例があれば、完治まで1年程度かかったケースもあるとされています。

ただ、外的治療ではありませんし、ヨクイニンは生薬に用いられている材料であるため、安全度は最も高いと言えるかもしれません。

レーザー治療


レーザー療法は、紫外線などの熱エネルギーを利用してウイルス性のいぼを除去する治療法です。

他のウイルス性のいぼの治療法と比較して治療期間は短く、10日から14日で完了するとされています。

ただし、保険は適用されません。

ウイルス性イボの治療についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

⇒「ウイルス性のいぼの治療法とは?」

木酢液はウイルス性のいぼに使用しても良い?

ウイルス性のいぼを木酢液で治療できたという話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ただ、木酢液をウイルス性のいぼの治療に使用することはおすすめできません。

木酢液はウイルス性のいぼの治療薬ではなく、本来は虫よけなどに使用されています。

そのため、確かな効果は期待できませんので、ウイルス性のいぼを治療するなら病院の皮膚科の先生に診てもらうべきでしょう。

ちなみに、木酢液の中には発癌性物質が認められた製品もあります。


  • TOP